永井マザーズホスピタル
〒341-0004 埼玉県三郷市上彦名 607-1 TEL 048-959-1311(代)

ブログ

栄養にまつわるさまざまなこと、お料理や食事について、私たち管理栄養士や調理師にお気軽におたずねください。
私たちは「食」を通じて、当院を訪れる皆さまの健康や幸せ作りのお手伝いができればと思っております。

最新記事

3食卵な日♡

このブログで卵ネタが多いのはご存知かと思いますが、
私も卵好きの一人であります!

本日は日曜勤務。
自分も含め、家族3食分の食事を朝仕込んできます。

朝ご飯は定番の目玉焼き!
昼ご飯は息子のリクエストによりラーメン!
 →ゆで卵に肉もやし炒めのトッピングを用意!
夕ご飯はエビ玉子炒めをメインにする予定です!

という訳で本日の卵消費量は1パックを軽く超える計算です。
卵は栄養価も高く、肉・魚に比べ比較的安く手に入り、日持ちもする
とてもおすすめな食材です!

でも私自身も学生時代に栄養士の勉強をしていた頃は、
コレステロールが上がってしまうと誤解していたり、何となくの理由で、
大好きな卵を控えている方でした。
卵を毎日2個以上食べるようになり、一番変わったことは貧血です。
元々貧血気味で薬を手放せなかったのですが、
薬なしでも数値が落ち着くようになりました。

先日のHARUYAMAの言葉を借りれば、
【卵の可能性は無限大】
ですね(*^^*)!!

IIDA

もうすぐです♡

実は、管理栄養士のIIDAは妊娠36週なんです♪

もうすぐ産休にはります。

「え?まだ働いているの?」

はい、バリバリ働いております。
産まれちゃうんじゃないかと、
周囲はヒヤヒヤしておりますが、
誰よりも動いておりますよ♪

当院スタッフはほぼギリギリまで仕事をし、
産後3ヵ月くらいで復帰しています。

すごく大変だね・・・と言われますが、
実はこれが安産と育児ノイローゼ回避の秘訣かもしれませんね。

復帰に関しては正直つらい部分もありますが(←これ内緒)
結果よかった事の方が多い気がします。

まずは、少しでも産休に入って
ココロの準備もしてから生まれてほしいです。
そして母子とも元気に出産!してね。

赤ちゃんに会えるのが楽しみです!!

ikuta




朝の散歩で

早起きした娘と浜辺を散歩しました。

すると、漁から戻った船を発見。
魚がおろされているところでした。

あまり見ない光景だったので、
娘には疑問がたくさん湧いたようで、
「この魚はどこにいくの?」と。

食べる魚は店で買うもの。
泳ぐ魚は水族館にいるもの。

今、目の前にいる魚と繋がっていないのかも・・・と。

「いつも食事で食べている魚だよ。
たくさんの人が働いて~ウンニャラカンニャラ・・・」つたえました。

「お母さんとお父さんの魚は食べて、子どもは海に戻すの?
子どもの魚はどうやって生きるの?」

おぉ~結構突っ込むねー。と正直思いながらも

たくさん命をいただき、生きていることを。伝えました。

どんなに食育は大事!と言っても、
どんなに「残さず食べよう」と毎日いわれても、

百聞は一見に如かず!

どこまで通じているかはわかりませんが、
この光景は娘の心に残ったようです。

毎日の「いただきます!」「ごちそうさまでした!」
しっかりと心を込めていきたい。と改めて感じました。


ikuta

高栄養=糖質オフ=健康寿命を延ばす

一昨日
素晴らしいパーティーへのお誘いを受け
一流中国料理レストランへ

産科の永井医師、宗田哲男医師、私
他には出版社の方、食品会社やコンサルタントの社長たち、料理研究家。

みなさん
自己の利益を超えて、
社会貢献で国民の健康を本気で考える素晴らしい面々。

食品会社の本音、真の健康を獲得し充実の人生を歩まれた物語など
たくさんの話題や意見交換がありました。




平成28年国民健康・栄養調査結果によれば
糖尿病が強く疑われ者は1000万人、
その可能性を否定できない者が1000万人
あわせて2000万人の食生活改善が必須。

そして強く疑われる者における治療状況をみると
働き盛りの40代男性の48.5%は未治療。
放置!
なのです。
みなさんのご主人は大丈夫でしょうか?
30代、50代以降ではこのような数値は見られない状況です。


またBr.J.Nutr.2010.104から
妊娠糖尿病の診断基準未満の数値であった妊婦でも
その高血糖は巨大児出産のリスク上昇をもたらすと考えられている
との報告があります。

よって
妊娠糖尿病でない妊婦も
高血糖は避けることが望ましいのです。



どのライフステージにおいても
本当の健康を考えたとき

①しっかりと栄養をとる
②糖質をオフする

その習慣化により
健康寿命を延ばす
ことが必須ですね。

このような報告を減らしていくため、
この会でご一緒させていただいた
素晴らしい面々とともにますます精進したいと思います。


さて
そちらのレストランにて
サン食品さんのこんにゃく米をつかった
チャーハンとデザートをいただきました。

こんにゃくとは思えない、素晴らしい二品でした。

こちらのこんにゃく米は当院でも今後とりいれていきます。
売店にて販売も計画中ですので、ブログでご報告いたします!

matsumoto

★春★

桜は早々と散ってしまいましたが、
当院のお食事にはまだまだ“春”がいっぱいです♪
本日の夕食には、
★空豆と桜海老のかき揚げ
★ふきのとうの天麩羅
★うるいのお浸し
がつきました!
こういった食材が出てくると心まで温かくなりますね♪

ただ最近は寒暖の差が激しいので、体調を崩している方も多いようです。
先日、ニュースでは夏バテならぬ『春バテ』という言葉を使って表現していました。
新年度、新学期で慣れない生活の方も多いと思いますので、
体調管理には十分にお気を付け下さいね。


IIDA