永井マザーズホスピタル
〒341-0004 埼玉県三郷市上彦名 607-1 TEL 048-959-1311(代)

ブログ

栄養にまつわるさまざまなこと、お料理や食事について、私たち管理栄養士や調理師にお気軽におたずねください。
私たちは「食」を通じて、当院を訪れる皆さまの健康や幸せ作りのお手伝いができればと思っております。

プライベート話

☆レポ☆手糖質チョコソース

゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ 

「ローカーボクラブ」の佐々木先生から頂いた、
低糖質のシロップの試食レポです。

゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚ 

チョコレート風味シロップは、
サラサラよりも濃厚なテクスチャーです。
ココアの深みがあります。

大さじ 1杯 で 糖質 約2.8g

低糖質パンケーキミックスを使い(たまごは3個使用!)
動物性の生クリームにはお砂糖を加えずにチョコシロップをたっぷり。
簡単にチョコクリームの完成です。

一般的なチョコクリームは板チョコを湯煎して加えると思うのですが、
これならとっても時短!ですね。

これからのクリスマスシーズン。
おいしそうなホールケーキが販売されてくるかなと思いますが
こんな感じでシロップを使って、
家族でパンケーキデコをしても楽しいのでは?と思います。☆

電子レンジで温めた豆乳にチョコシロップを加え、
ホットチョコレート(ココア?)のように飲んでもとても美味しかったです♪


HARUYAMA



美味しいごはんに変身^^


ついつい捨ててしまいしまいそうになる食材たち。
どんなものを思いつきますか?

先日のブログに続きチャレンジ企画!(?)
今回は立派な大根の葉と人参に葉たち。そして立派な鯛のアラ。

〇大根葉は 苦味が強くありますが、
 細かくみじん切りにして胡麻油をひき、
 大根葉とシラスと炒り胡麻を炒めると簡単副菜の出来上がりです。
 納豆にネギ代わりに加えたりもします。

〇人参葉天ぷら、アラ汁の色味、煮物の付け合せに。

〇鯛の頭大好きな酒蒸し。&鯛めし&アラ汁
 耐熱容器に塩を振った頭を置き、
 酒をたっぷりかけてレンジでチンで酒蒸し完成です。


人参の葉には食用部分の3倍タンパク質
5倍カルシウムを含みます。

大根の葉には4倍葉酸
11倍カルシウムを含まれます。

妊婦さんに嬉しい栄養素がたくさんですね。

スーパーでは根菜類の葉は切り落とされていることが多いですが、


根菜類は自分の持つ『栄養素』を、
葉の成長に使ってしまいます。

なので【葉】と【根】の部分を長時間切り落とさないでいると
根に中心部分が痩せ細ってきてしまうのです。

ですので葉付き人参、大根をみつけたらすぐにGET!
そしてすぐにCUTすることをおススメします。

参考:
出版 東京慈恵会医科大学附属病院 栄養部
『その調理、9割の栄養捨ててます!』

出版 女子栄養大学出版部
『七訂 食品成分表2016』

HARUYAMA


元気な栄養科のお母ちゃん♪

ベテランスタッフが
本日でめでたくお誕生日を迎えました★

ハッピーバースDAY♪♪

当院に勤務して、
約30年近くたちます。

私の知らない時代から
     今に至るまで。

ずーと栄養科の
  柱となり支えてくれています。

栄養科のお母ちゃん的存在!

その存在自体がありがたい!

これからも元気に
  益々パワフルに過ごして欲しいと願っています。

いつもありがとうございます!

ikuta

歓送迎会❤

昨日、栄養科の歓送迎会がありました。

❤♡❤♡❤♡❤♡❤♡❤♡❤♡❤♡

別れても、出会えたことに感謝。
そして、
新しい出会いに感謝。
           by科長
❤♡❤♡❤♡❤♡❤♡❤♡❤♡❤♡

本当にその通りです。

全員が必然に出会い、
時間を一緒に重ねます。
なんたって
家族より多い時間を
共にしているんです 笑

赤ちゃんと家族もそうですね。
全ては『ご縁』。

さらに絆を深めた
チームワークで
これからも仕事を頑張ります。
 
まずは、
エネルギー補給。
焼き鳥をしっかり頂きました♪
おいしかった~

ikuta

補完食スタート

昨日のベビー食堂、改めましてご参加いただきありがとうございました!
先日の座学に続き、実践編ということで、
【補完食】
への理解を深めていただけていれば、嬉しい限りです♪

さてさて、我が家も5か月を過ぎたので補完食をスタートしてみました!

1日目 つぶし豆腐
2日目 卵の黄身入りつぶし豆腐+南瓜マッシュ(夕飯の煮物から)
3日目 卵の黄身入りつぶし豆腐+大根・人参ペースト(味噌汁から)。。。

というような感じにすすめております。
様子をみて、脂質がとれるような食材をどんどん入れていかなくてはと思っていますが、
まだ今は栄養というよりも”食べる”ということを練習している段階です。

卵は通常、6~7か月あたりからあげるよう書かれていますが、
スタートを遅くしたからといってアレルギーの発症を抑えるという根拠もなく、
逆にアレルギーのリスクが高い子(親や兄弟がアレルギー)ほど、
早めに与えたほうがよいとも言われています。

どうやら豆腐だけよりも黄身を入れた方が美味しいようで、
昨日は黄身を多めにしたらたくさん食べてくれました!

ちなみに始めたばかりなのでまだ1回食ですが、あげているのは基本夕食の時間です。
一般的には午前中ですが、託児所に預けている時間帯なので不可能。
朝は、慌ただしくこちらがイライラしてしますし、
そもそも赤ちゃん自身も食欲がないので夜の方がすすめやすいのです。
そして始めてすぐに旅行に出かけたので、旅行中は母乳のみとしていました。

といようにかなりゆる~くやっています(笑)
どうしても教科書通りに固く考えがちな赤ちゃんの食事ですが、
もっともっと肩の力を抜いていただいても問題ないかと思います。
成長も食べる量も好みの味もそれぞれの赤ちゃんで違うわけですから
その子に合わせてすすめるのが一番です。

これから始める方もすでに始めている方も赤ちゃんとお母さんのペースで
ゆったりと考えていただければと思います。

IIDA