永井マザーズホスピタル
〒341-0004 埼玉県三郷市上彦名 607-1 TEL 048-959-1311(代)

栄養科ブログ

栄養にまつわるさまざまなこと、お料理や食事について、私たち管理栄養士や調理師にお気軽におたずねください。
私たちは「食」を通じて、当院を訪れる皆さまの健康や幸せ作りのお手伝いができればと思っております。

2022年6月の記事

新鮮なカツオを解体★


みなさんこんにちは( *´艸`)


昨日の夕食は週に一度の


お刺身の盛り合わせの日♡



本日のメインはマグロと


初ガツオの炙り💛



カツオをあぶっている瞬間を


撮れましたのでアップします。


私は炙りカツオにたくさんねぎを


乗せてポン酢で食べるのが大好きです♡


いつかはお料理教室で


魚のさばき方をやりたいと


思っています( *´艸`)


SUKEHARA

栄養相談を受けた田中さんの体験談


先日嬉しい再会がありました。


当院の食事療法に

ご興味を持って頂いた田中さんのお話(仮名)


望妊治療の中、

宗田先生(宗田マタニティクリニック)の著書をきっかけに当院の事をお知りになったそうです。


車で数時間かけて来院して頂き、

私とお話しさせてもらったのは2021年の秋ごろ。


そして妊娠を経て、

先日の栄養相談で偶然再会・・・・!



久しぶりの再会の中で、

とても嬉しいお言葉を頂けました。


『栄養相談で教えてくれた食事内容、

実践していてとても楽しいです!』



ひゃ~~~

うれしい~~


許可を頂き、実際の食事記録をUPしております。

とっても良き内容で、HARUYAMAはHAPPYになりっぱなしで、

継続的に一人の方をサポートできる環境にも大感謝です。



当院では望妊の方に向けての食事でのサポートをしています。


なぜ田中さんの食事が良いのか....

気になる方は是非私達栄養士と話しましょう~^^


HARUYAMA

心が踊る朝ごはん


こんにちは( *´艸`)💛



私の心が踊る朝ごはんは


たまごがたくさん摂れるメニュー♡



さらにウインナー


厚切りベーコンも乗せて。



フライパン1つ


時短で心が踊る朝ごはんを


作ります♡



そんな日は1日幸せな気分に


なりますね( *´艸`)




1日頑張るご自身のために


朝食はしっかり食べましょう♡



SUKEHARA



妊婦さんや授乳中でもハーバルライフ☆彡



こんにちは(^^)/



今日は ハーブネタでございます。


だってハーブが大好きだから(*ノωノ)



こんな記事を見つけちゃったのです


https://www.medicalherb.or.jp/archives/210003




妊娠中の女性も 産後の女性も



安全性の高い  で




心を元気にする


沈みにくくする  って発想 なんか素敵じゃないですか?!



当院2階の売店 ミルキーウェイで


レモンバーム入りのおいしいブレンドハーブティー販売していま~す♪





わたしは暑くなったこのごろ


自宅の花壇で栽培している


レモンバームとミントとレモンでハーブウォーターを作って


心も清くなるハーバルライフを楽しんでいます。



ただお水を入れたボトルに


輪切りしたレモンと洗ったハーブを入れるだけ





3時間後くらいから ハーブの香りとレモンの酸味でおいしくなりますよ(^^♪


ラベンダー、ローズゼラニウム…


何でもかんでも入れちゃいます。


この辺りはニンプさんもOK!のハーブですよ。





お試しあれ!




matsumoto

低糖質食パンのモーニング☆




こんにちは(^^)/



先日tsukinoさんが



低糖質パンの当院のメニューをアップしましたね!



本日は同じように



パスコの低糖質食パンをつかった



我が家のモーニング☆です(*´з`)





食パンにスライスチーズとマヨネーズを乗せて


焼きます。


その間に上に乗せる具をカットして


焼きあがったら、山盛りに重ねていきます。



食べるのも大変なそのモーニングは



我が家の人気メニューです♥



最近特にお気に入りは



村上農園さんの


スーパースプラウト


スーパーだけにスーパーで198円くらいで売っていますよ(*ノωノ)




高濃度なスルフォラファンをとって


身体によいことをしている気持ちのわたしです(*´▽`*)



https://www.murakamifarm.com/products/bss/



低糖質パン


 +  + アボカド + チーズ + ハーブ





まちがいのないやつ です。



お試しくださいね~♪



matsumoto

低糖質なお昼ごはん🍞

こんにちは(^^)


本日は、当院のお食事についてご紹介します!




昨日のお昼ごはんは、

低糖質パンを使った クロワッサンサンド フルーツサンド

でした!🍊



パンはPascoの「低糖質クロワッサン」と

低糖質ブラン食パン」を使用し、

クロワッサンは糖質40%オフ

ブラン食パンは糖質60%オフなんです!




出来上がった低糖質なフルーツサンドを

味見させて頂きました(*^^*)



フレッシュな果物はみずみずしく

低糖質ブランパンは、ほんのり〝ブラン〟を感じますが

むちむちとした食感で、生クリームとの相性もぐっど👍で、

むちむち・もちもち食感が好きなわたしにとって

とても好みなタイプのパンでした♡




Pascoではクロワッサンや食パン以外にもイングリッシュマフィンや、

あんぱん、クリームパン、どら焼きなども販売されているそうです(^^)


https://www.pasconet.co.jp/teitoushitsu/lineup/index.html

(Pasco 低糖質パンシリーズ ホームページ)





皆さんの食卓でも低糖質なお食事してみませんか?




tsukino

リラックス💛ハーブティの勉強


皆さんこんにちは(*^-^*)




先日、栄養士matsumotoの


運営するハーブティ講座に


参加してきました💛



栄養相談をしていると


食環境には 人間関係・職場関係


個人の経験など食以外の


要因が食環境に影響していると感じます。



例えば、ストレスを感じると


食欲が旺盛になる人もいれば


減少する人もいます。



食の知識だけではなく


ストレスや環境との付き合い方を


学べたらと思い勉強しています。


前置きが長くなりましたが、


今回はハーブティについて💛



テーマはリラックス💛



リラックスすることで


副交感神経が優位になり


血圧・血糖値の低下、


睡眠の質の向上などにつながります。



私が今回、作成したハーブティは


血糖値をゆるやかに♡


リラックスハーブティです(*^-^*)


血糖値上昇を防ぐ マルベリー


血圧低下に効果的な リンデン


リラックス効果のある エルダーフラワー


こちらの3種類をブレンド♡



飲みやすいハーブティーが出来上がりました。



気が付くとハーブティを1時間で


1Lも飲んでしまい、、、


通りでお手洗いが近くなるわけですね。


老廃物がたくさん排出できてhappy💛




皆さんもぜひハーブティを


日常に取り入れてみて下さいね💛


matsumotoが愛情をこめて


皆様のお悩みにあった


ハーブを選び


ブレンドをするハーブティも


好評発売中です(*^-^*)



私も飲んでますが色味も可愛らしく


お味も美味しい♡


見た目も香りも味も楽しめて


が増しますね( *´艸`)


是非、matsumotoの


ハーブティーのお店を


覗いてみて下さい♡


https://botanictime.base.shop/


ハーブオイルも作ったのですが


カンパーニュに付けて食べたら


とっても美味しかったです♡💛


SUKEHARA




第8回母子栄養懇話会学術集会⑥ ~栄養指導におけるAIの活用~

こんにちは♪


私からは、

神奈川県立保健福祉大学学長、

日本栄養士会会長 中村丁次先生のご講演

「栄養指導におけるAIの活用」からいただいた刺激を共有します。



“AI(人工知能)の発展が進むなか、


どのような職業が衰退せず、


残っていられるか!?”



このような話題は数年前から頻繁に上がっており、

もうその話はいいよ…、と感じる方も

いらっしゃるのではないでしょうか。(わたしがその一人・・・)



管理栄養士・栄養士に関してはどうなのかというと、

中村先生のお話では、



「AIは、積み重なった大量のデータを自己学習して、

人間には考えられないような答えを出してくれる」


と、一番の長所をあげていました。


加えて仕事が早い!


(今では、食事の写真を撮れば、自動的に栄養計算をして、

評価や、アドバイスをしてくれるアプリがありますよね。


それだけでなく、

献立作成や、調理まで行うAI内蔵型ロボットが誕生しつつあるそうです…)



これで栄養士要らず!」 という悲しい答えに導かれてしまいそうですが

AIにはできないことも多々あるそうです。



その中でも、私が“確かにそうだここで人間力が活かせるな”、と

特に思った、AIにはできないこと、とは



①   話の流れや、対象者の複雑な生活背景、行間を読むことができない

②   人間と情動的な共感を得ることができない(やっぱりそうだよね!が得られない)

③   融通性が利きにくい頑固者である、

という点です。



当院では「栄養相談」という名目で

栄養士が患者さんと“対話”をする形で行っています。




AI よりも我々人間が勝っていると言い切れるのは、

「聴く力」(=傾聴力)ではないか、と私は思います。




患者さんの話を受け止めながら、心で聴く。

私も、栄養相談を担当させていただく いつの日か、実行できるようにします。




そして、もう一つ、大切にしたいことは

患者さんとの対話の中で出てくる「沈黙」を尊重すること。



人それぞれ自分の生活の中での価値観は異なり

自分自身との相談や、何かを天秤にかけたり…



その間に生まれる沈黙の時間は尊重すべきだと考えています。



目の前がAIである沈黙は、なんだか冷たいように想像ができます。

温かみのある沈黙を確保したいものです。


話が長くなりましたが、

結論としては、“この栄養士だから相談したい!

“この人だったらいいよ!”、と思っていただける


なにか一つ長けた、その力で

対象者と信頼関係を築くことができる栄養士は必要とされ続けることができる、

と考えます。



中村先生の言葉をお借りしまして、

「心と脳が揺さぶられ、“やっぱりそうだよね”と納得できる栄養相談」


を私もできるよう精進してまいります。


AIの良いところは最大限に活用しながら

良い栄養相談を作りあげられるように。



SATO


第8回母子栄養懇話会学術集会⑤~子宮内フローラとラクトフェリン


お次は『子宮内フローラとラクトフェリン』


桜庭 喜行 先生(varinos株式会社)のご講演から。



皆さんは腸内フローラはご存じだと思いますが


今回注目されているのは


子宮内フローラです(*^-^*)




子宮内における


ラクトバチルス(善玉菌)


と呼ばれる乳酸菌のバランスが良いと


妊娠の確立が上がるといわれています。



このバランスが崩れてしまったり


ラクトバチルスの数が少ないと


妊娠成立の確立が下がってしまう


というデータがあります。





妊活をするときは是非、


子宮内のラクトバチルスを


増やすことがカギになります♡




ラクトバチルスが多く含む食品は


ヨーグルト、乳製品に多く含まれています。


食事から摂ることで子宮内の


ラクトバチルスの数はアップし妊娠率アップ💛



また、ラクトフェリン


摂取することによりラクトバチルスが


増えるというデータもあります。



(ラクトフェリンは子宮内の環境を


 改善する役割を担っています♡)


さらにすごいのは、


早産のリスクも減るということ。


個人的な感想としては


妊娠成立しなかった群の


子宮内のラクトバチルスの数は


かなり少なく、


妊娠成立した群との


違いに大差があり


かなり驚きました。



妊娠前からの身体づくりとして


子宮内環境を整える大切さに


気づく良いきっかけとなりました。



皆様もぜひ、参考にしてみて下さい(*^-^*)



SUKEHARA


第8回 母子栄養懇話会学術集会のはなし④

こんにちは(^^)


先日参加させて頂いた「第8回母子栄養懇話会学術集会」の講演のなかから

私は、


日本医科大学微生物学免疫学教室 日本医科大学女性診療科産科 

根岸 靖幸先生のご講演

「免疫と臨床栄養 -不育症と早産を中心に」 


についてお話したいと思います!

 



お腹の中にいる赤ちゃんはお母さんの身体の一部!だと思っている方も多いのではないでしょうか?

実は、お母さんのお腹のなかにいる赤ちゃんはお母さんの身体にとって〝異物〟

なんだそうですΣ(・ω・ノ)ノ!

 

赤ちゃんはお母さんとお父さん両方の遺伝子を持っているのですが、

白血球の血液型の半分はお父さんからきている為、

お母さんにとっては〝異物〟になるそうです😵

 

 

では、なぜお母さんにとっては〝異物〟である赤ちゃんが、

お母さんのお腹の中に居続けることができるのでしょうか??


詳しくは解明されていないのですが、4つの仮説があるそうです

仮説1:お母さんの身体の中は、未熟な赤ちゃんの抗体を認識できないのではないか?

仮説2:子宮はお母さんの免疫から隔離されていて、特別な場所であるから?

仮説3:妊娠期間中、お母さんの免疫は強く抑制されているから?

仮説4:お母さんと赤ちゃんは胎盤によって隔離されているから?

 


このお話を聞いた時、「大切な赤ちゃんのことを〝異物〟だなんて!!」

と思っていましたが、

仮説を聞いてみるとなんだか納得してしまいました



また、妊娠期間中の絶妙な免疫のバランスが崩れると妊娠合併症につながるそうなのですが、

日常の食事によってそのリスクを下げることがあるそうです


例えば、鮭やさんま、キノコ類に多く含まれているビタミンDは、

妊娠糖尿病、早産、子癇前症を抑制する効果があったり、

20週以降、マルチビタミン葉酸を1161μg摂取できると

死産のリスクが下がるそうです!

また、アマニ油やえごま油、青魚に含まれているω3脂肪酸には

妊娠高血圧症候群や早産のリスクを下げる効果、

産後うつにも効果があるんだとか!😲


これらの食べものを積極的に食べられると良いですね😊



良い効果をもたらせてくれる食べ物もあれば、

悪い影響を与える食べ物もありました・・・


それは「カフェイン」です

皆さんもよく、カフェインの摂りすぎは良くない!と

見たり聞いたりすることが多いのではないでしょうか??


まさしくその通りで、一日に151~300mg摂取すると

不育症のリスクも上がってしまうそう・・・

コーヒー1杯に約100mgのカフェインが含まれているので、

飲みすぎにはご注意ください(>_<)

また、カフェインを一日に300㎎以上摂取してしまうと

さらにリスクが上がってしまうのでお気を付けください!

特に妊娠前や妊娠初期の方はなるべく控えた方がいいですね😓



今回、母子栄養懇話会学術集会に参加して

日常の食事の重要性に改めて気づくことが出来ました。

こちらのブログを読んでくださった皆さまが

少しでも健やかな生活を送れるよう、

このブログを通して伝えていきたいなと思います🌞




tsukino