永井マザーズホスピタル
〒341-0004 埼玉県三郷市上彦名 607-1 TEL 048-959-1311(代)

栄養科ブログ

栄養にまつわるさまざまなこと、お料理や食事について、私たち管理栄養士や調理師にお気軽におたずねください。
私たちは「食」を通じて、当院を訪れる皆さまの健康や幸せ作りのお手伝いができればと思っております。

最新記事

第8回母子栄養懇話会学術集会③~妊産婦の栄養アセスメント~


引き続き皆様に学術集会の内容を


アウトプットさせていただきます(*^-^*)



『妊産婦の栄養アセスメント』



 

瀧本 秀美先生のご講演から。



HARUYAMAが先日書いた記事を


ご覧になった方はご存じだと思いますが


日本は低出生体重児(2500g未満)の割合が高いです。



低出生体重児の


約6割は37週以上で


産まれています。


早産にて低出生体重児が生まれるのは


想像がつくと思いますが


通常のお産にて


低出生体重児が生まれるのです。


このことから、


妊娠中に十分な発育が


出来ていない


考えられています。


つまり、妊娠期・授乳期のみ


の栄養介入だと効果は限定的であると

報告されています。



そこで2021年3月に


「妊産婦のための食生活指針」


が改定されました(*^-^*)


「妊娠前からはじめる


  妊産婦のための食生活指針」



‘‘妊娠前から‘‘ ここが大事です!!



主食と主菜を組み合わせた食事を


心がけていますか?(*^-^*)


たんぱく質のおかずは


毎食付けられていますか?


葉酸は妊娠前も大切です。


葉酸だけではなく、


ビタミン全般を摂取できていますか?


日ごろから運動をしていますか?


妊娠前からの身体づくり


心がけてみてはいかがでしょうか?💛



妊娠前も妊娠中も、授乳期も


わたしたちは皆様のサポートを


させていただきたいと思います(*^-^*)


SUKEHARA

第8回母子栄養懇話会学術集会にて②

こんにちは(*‘∀‘)



昨日に続き、今日も学会の復習です。




今日は 女子栄養大学栄養学部 武見ゆかり教授のご講演、


「栄養・食生活管理とプレコンセプションケア」から。





昨日はharuさんが


日本の低出生体重児の割合が先進国で一番高い に


ヒョ~~~と驚いておりました。



わたしは


日本人若年女性の「痩せ」の割合が先進国で一番高い に

        (BMI>18.5kg/m2)



ウッヒョ~~~~と驚きました(@_@)



ナント2位の韓国の5.2%よりダントツに高い 9.3%です!!!



ちなみに当院の出産女性をチェックしますと


月により 8.5~12.5%でもっと9.3%よりも高いことがほとんどです(゚д゚)!



しかも武見先生のお示ししたデータによりますと


痩せ女性は、ご自分の体形に自信があり…


「食改善の意志はなく、自己肯定感が高い」のだそうです。。。



これは大変な事態です。


痩せ女性は、低出生体重児を出産するリスクが高いです。


低出生体重児のリスクは昨日のブログをご参照ください。





ココからは私の考察です。





痩せているという事は、身体の栄養素も低い可能性が高いです。


脂肪だけが少ないわけではなく


赤ちゃんの発育に必要な栄養素を持つ量が少ない可能性が高い ということ。


それなのに


体形と健康に自信を持っていて、食改善をする気持ちがないのだとしたら…


お腹の赤ちゃんは どうなってしまう…?


それが今よく言われる DOHaD説のひとつです。



痩せの女性は、


妊娠前からしっかり栄養のある食事をとる習慣をつけよう


それもプレコンセプションのひとつです。


プレコンセプションケア となれば、ケアする側(わたしたち)の話。




妊娠可能年齢の男女にとっては、その前に身体や食を整えることを


プレコンセプションと言います。




「元気な赤ちゃんを授かりたい」 だけにとどまらず


そのまま健康な子として、健康な青年として


育てていきたい気持ちはだれにでもあります。



それは、ナント妊娠前からスタートした方がいいよという


大真面目なお話なのです。




わたしはこの講演をきっかけに


本気でプレコンセプションケアをやるぞ と思いました。



これを読んでいるあなたのお勤めする企業 または経営する企業で


ぜひ産婦人科に勤めるわたしにお話させてください。


新人研修のカリキュラムにするのもいいと思います!


学生ならば高校生以上がいいですね!




結婚前から身体を思って生きることができると


妊活も 妊娠経過も 出産も 育児も


受け身ではなく、自らの身に起きることとして


違ったものになると信じております!!!



妊娠中の体重増加過多も 貧血も 妊娠糖尿病も 高血圧も


もし妊娠前から知識があったなら、違ったかもしれないよ~と言う話題でした。





matsumoto

  • 平成29年「国民健康・栄養調査」の結果より

第8回 母子栄養懇話会学術集会に参加してきました①


こんにちは!

梅雨に入る少し前の6/4(土)、

母子と栄養に関わる学術集会に参加してきました。


参加した当院の栄養士がこちらのブログを介して、

学んで来た内容を皆さんにシェアさせて頂きます。


最初はHARUYAMAからお伝え致しますっ



 【会長講演】


新しい「妊娠中の体重増加指導の目安」の傾向と対策

~新基準で周産期栄養管理はこう変わる~


  みらいウィメンズクリニック院長 茆原弘光



産婦人科界では有名なのですが、

先進国の中で日本が「1番!」


であるデータがあることをご存知でしょうか?



それは低出生体重児(2500g未満)の割合が高いこと。

OECD諸国の中ではギリシャと並んで高いです。




この結果を知り、みなさんはどう捉えますか?



・特に気にしない?

・よく分からないな?

・それは大変だ~~(>_<)





私はこれは大変だー!!とういう印象です。


ご講演頂いた茆原先生によると、

低出生体重児として生まれた子達は、大人になった時に生活習慣病・統合失調症・そして妊娠糖尿病(女児)にと~てもなりやすいようです。


天~使~のようなベイビーと、

全く関係なさそうな疾患達・・・

誰しもが、我が子には末永く健康でいてほしいと願っているはず。



ですが残念ながらこれらが現実・・・泣



統計を取っているわけではないですが、毎日患者さんとお話している私の肌感覚では「若い子程やせ出産希望」が多い気がします。20代の方々ですね。


✔ きれいな(痩せた)ままで生みたい

✔ 赤ちゃんに分しか増やしたくない


こういった言葉をよく聞きます。



去年・厚生労働省は「妊産婦のための食生活指針」の中で、

望ましい体重増加量を引き上げました。

各国によってその指標は異なり、またそれを参考にし独自の体重増加基準を設けている病院もあります。当院もその中のひとつです。


〈厚生労働省「妊産婦のための食生活指針」の改定について〉

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17795.html



私は、体重が全てとは思っていません。


ですが大事なのは目安を考慮して適切な体重増加量がどれくらいかを理解すること。

当院の栄養相談ではそのサポートが可能です。




「自分だけが思う理想体型を維持し、赤ちゃんが将来そのリスクを背負う」

「適切な体重増加を目指し、母子共に長く健康で居続ける」



みなさんはどちらの未来を希望されますか?




HARUYAMA

脱★疲れやすい身体


こんにちは~(*‘∀‘)



お久しぶりのmatsumotoです。


第8回母子栄養懇話会学術集会事務局が置かれる


この4階事務室はこの時期 めっ~~ちゃ忙しいのです(わたしひとり)


なにせ今週末の開催ですから!



その最中お会いした一人のニンプさんのお言葉で元気が出ました。



体重が増えすぎたので、継続して栄養相談をしていたのですが


小麦粉や米をやめて


お肉や卵を大げさなほどに食べるようにしてみたら



身体の調子がいい と言うのです。


お会いしたのは37週。


臨月なのです。



一番お腹が大きくて辛いはずの時期に


身体が軽いってすごいことですよね!




そんな彼女のメニューを許可をいただいて添付しますね。



身体に不足していた栄養素が満たされてくると



だんだん軽くなって、動きやすくなります。



そんな体感をしていただけると嬉しいです♥



小麦粉ばっかり食べている、落ち込みやすくなってきます。



小麦粉のおいしい中毒性にご用心ですよ(*‘∀‘)



matsumoto

リッチな鹿肉カレー


皆さんこんにちは♡


栄養士matsumotoの


お勧めしている


鹿肉カレーを食べてみました💛



水、肉、スパイスにこだわりぬいた


心と体に優しいカレー(*'▽')



ハーブの勉強をしましたので


ローズマリー


レモンバーム


タイムを添えて💛



そして、本日はベトナム出身の方と


栄養相談をしました。


ベトナム語でありがとうは


『Cảm ơn (カモン)』 


と言うそうです。


今日も一つ勉強になりました。


今日も素敵な一日になりますように💛



SUKEHARA

スタッフ紹介☆根掘り葉掘りしてみた


どんな人たちが当院の食事を作っているか気になりませんか?


ということで

調理師・栄養士にゆるっと声をかけて、

勝手に根掘り葉掘りしていくシリーズをしようと思います。



1人目は新人栄養士SATO MAYUKAさん

色白美人さんですが、天然さが可愛らしいです~!



Q1 簡単な自己紹介をお願いします!


A1 京都の専門学校を今年の3月に卒業して、

  管理栄養士と栄養教諭の資格を取得しました!



Q2 出身地はどちらですか?

A2 千葉県の松戸市です。今は流山市に住んでいます。

  栄養士TSUKINOと同じ小学校です。


(ええ~そうなの~!?と三人で盛り上がりました笑)



Q3 栄養士を目指そうと思ったきっかけは?


A3 高3から大学生にかけて「痩せてる=美しい」とずっと思っていました。なのでストイックなダイエットをしてその時の体重は30キロ代でした・・・。同時期に乳房再建(※1)クリニックに併設されたレストランでアルバイトをしていたのですが、そこのドクターから「体は食べるもので出来てるんだよ」と教わり、食事の大切さに気付きました。当時国際学部の大学に通っており、エアライン業界を志望していましたが、食事でサポートする側になりたい!と思い管理栄養士を目指すようになりました。



Q4 働いて約2.5か月が経ちましたね、業務には慣れましたか?

A4 慣れま・・した・・・!(声小さくなる笑)ノートを見ながら、

  へこたれずの頑張っています!


Q5 産婦人科に入社したきっかけは?

A5 食事を学ぶ場所は家庭かなっと思い、

  その食事を作るお母さん達をサポートをさせて頂きたいと思って産婦人科を選びました。


Q6 ブログを見ている患者さんに一言お願いします!

A6 食事で悩む人々を今後もサポートしていきたいです、

  色々な事をここで学び、実現していきたいと思います!よろしくお願いします。






丁寧に目の前の事に真剣に向き合う彼女ですが、内に秘めるパッションはとっても熱いです。きっと多くの患者さんが、彼女に救われる日が来るのだろうなあ、と私もワクワクしております。


写真はSATOの趣味のバイク(自転車)です~~。

広島を旅した時らしいです、きれい!!



HARUYAMA&SATO


(※1)


【乳房再建】

乳がんの切除により変形あるいは失われた乳房をできる限り取り戻すための手術を乳房再建術といいます。乳房再建を行うことにより乳房の喪失感が軽減し、補正パットが不要になるなどの日常生活の不都合が減少します。

(参考:国立がん研究センター)

足の指体操♥


皆さんこんにちは( *´艸`)



皆さんは足の指を


うまく使えていますか?



足の指は靴の中で窮屈に丸まってしまっている


ことが多いようです。


足の指をしっかり開き、


地面に面して使うことにより


正しい姿勢や歩き方


が身につくようです。



今日は私がよく行っている


簡単ストレッチを紹介します♥



用意するものはタオル一枚。

体制は椅子に座るか


体育すわりできますので


お好みの体制を選んでください。



タオルを床に敷き、


足を床につけたら


足の指を開いたり、


閉じたり


動かしていきます。


敷いてあるタオルを手前に


手繰り寄せるようなイメージです。


最初はうまく指が動かせない人もいるかかもしれません。


普段使わない指先を動かすと


指先の血流が良くなるので


冷え性防止にも効果的です。


また、足の指を使い歩行が出来るようになると


体幹も安定するので


体重増加の著しい妊婦さんの


転倒予防やふらつき防止にも効果的です。



是非、お時間がある際は


おうちでやってみてくださいね♡



SUKEHARA


糖尿病を支える薬剤師



みなさんこんにちは(*^-^*)



最近、一眼レフカメラにハマってます。


公園を散歩していたら


素敵な睡蓮のお花を見つけましたので


添付しました💛


睡蓮の花言葉は 「純粋な心・清浄」


見ているだけで心落ち着きますね。




先日、母校の大学を訪れた際に


糖尿病を支える薬剤師さん


お話をする機会があり


お世話になった教授も一緒に


3時間も白熱対談をしました💛💛



高齢の糖尿病患者さんは


食事コントロールももちろんしますが


インスリン療法をされている方も


いらっしゃいます。


ある一定量のインスリンを使い


血糖値の正常化を目指すのですが


効きが悪くなり


インスリンの量が


増えていくそうです。。。


食事や薬に悩む高齢者を減らしたい、


そもそも糖尿病をはじめとする


生活習慣病を減らしたい。


そう実感しました。


生活習慣病を引き起こさないためにも



やはり、若い世代から


子育て世代から食事の管理は


気を付けてほしい!という結論でした。




血糖値コントロールに限らず、


筋肉量の低下により歩行困難になる


年齢も早まっています。




健康診断では体重やBMI、体脂肪率等の判断で


体格をチェックしますが


筋肉量を調べることはほとんどないため


筋肉量の低下にも気づきにくいです。




血糖値と筋肉量には実は深いつながりがあり


筋肉量が高い方が


血糖値は下がりやすくなります。


もちろん、体を支える筋肉が増えるので


体力も付きますよね(*^-^*)



将来の健康状態については


なかなか想像がしにくいかと思いますが


子育て世代もかなりの体力が必要です。


身体を労り、健康な体作りを


一緒に目指していきましょう♡💛




SUKEHARA





はじめまして☺

はじめまして!初めてブログを書かせていただきます(*^^*)

入職して2年目になりました栄養士 月野 です🌛(写真左側🐭)


出身は千葉県の北西部、

チーバ君であらわすと人中(鼻のした)あたりで生まれ育ちました!


社会人2年目でまだまだ至らないことが多くあると思いますが、

病院のことや、栄養について、入院中のお食事のこと

(たま~にわたくし事)など書いていきたいなと思っています!🐯



よろしくお願いいたします。(*_ _)




tsukino


季節はあじさいへ


皆さんこんにちは( *´艸`)



もうすこしで紫陽花の季節ですね💛




先日、一足先に紫陽花を見に行きました。



一番好きなスポットは北鎌倉にある



明月院です(*'▽')




訪れたことのある方は分かると思いますが


両サイドに紫陽花が咲く階段を上るのがなんとも至福。


写真の紫陽花は先日撮った明月院の紫陽花です。


まだぽつりぽつりと咲くくらいですが


緑の若々しい葉っぱが季節の変わり目を


教えてくれているみたいですよね。


春から夏へ。




さて、みなさんの紫陽花スポットは


どちらにありますか?



私は鎌倉が大好きすぎるがあまり


多い時には月に2回ほど遊びに行くのですが


やはり紫陽花の時期はにぎわっていますね。


みなさんも季節の花を楽しんでみて下さいね。


SUKEHARA